【ハッピーデスデイ】犯人はこの人!結末とネタバレ考察。ループするのはなぜ?理由を解説!B級映画として至高の1本。

スポンサーリンク
B級映画

はいどうもこんにちは!ミギーです!
今回紹介する映画は【ハッピーデスデイ】

(C)Universal Pictures

ハッピーバースデイ! ・・・ ではなく、デス(=死)デイです!(笑)

超怖いホラー映画では?!と思って観たら、

これはホラーじゃない!(一応怖いけど)

タイムループものでした!

小ネタも満載でエンタメとしては相当レベルが高いのはないでしょうか。

一言で言うと面白かった!!

スリリングで楽しい作品になっており、飽きずに最後まで観れます。  
Amazonプライムビデオで月額500円見放題で観ることができますよ!
月に映画1・2本くらいかなって人でも、プライムならおトクです!

この作品は、
デートではどうかな?夫婦でOK!友人や家族でOK!観る人を少し選ぶ作品でございます。
早速レビューいってみます!ネタバレありますので、ご注意ください!

犯人はルームメイトのロリ

(C)Universal Pictures

え、犯人とかいるの?という感じですが、
このハッピーデスデイは、誕生日の主人公・ツリーが死ぬ度、
誕生日を朝から繰り返すという設定です。

(C)Universal Pictures

このベビーマスクに毎度毎度殺されるわけなのですが、

殺されるたびに、誕生日の朝を初めて会ったカーターの寮で向かえるので、

主人公がだんだんイライラしてきます。

仮面の中が誰なのか?

突き止めれば、死なない=誕生日を繰り返さないとなり、

真犯人を見つけて解決!という話です。

※なお、ベビーマスクの中身はロリですが、
タイムループさせている犯人はロリではありません(後述します)

(C)Universal Pictures

話は戻りまして、
ロリがツリーの誕生日に『毒入りのケーキ』を差し出すわけです。

理由は、ツリーのセフレであるイケメン医師が、ロリの彼氏で嫉妬したから。

(C)Universal Pictures

なおこのイケメン医師、奥さんがいます。
ツリーもロリも不倫なわけです。(笑)
途中までロリが務める病院に収容された殺人犯が怪しくなりますがそちらはフェイク。

恋敵のルームメイトを殺すために、毒入りケーキを食べさせようとする

それができないなら、病院に収容されている殺人犯の手錠を外し、ナイフを準備する。

本作の一番のホラーポイントはこのロリです。間違いなく(笑)

ロリの殺人計画を見抜いたツリーが質問します。

「なぜ私を殺そうとするのか?」
「恋人を奪ったから。そして・・・あなたがビッチだから!!」
というとんでもない回答!(笑)

主人公のビッチを超えるアバズレが真犯人です。

結末

ルームメイトのロリが自分を殺そうとしているということが分かり、

ツリーは自宅でバトルの末2階から蹴り飛ばして、ロリを返り討ちにして完結です。

嫉妬して恋人を略奪した相手を殺そうとする犯人もそうだけど、

それを返り討ちにする主人公が爽快です。

(C)Universal Pictures

この主人公ツリーは『#時を駆けるビッチ』

としてプチバズりしたキャラクターで、

酒クセは悪く、嫌味を吐き、悪態をつく、人の男とも寝る・・・

とにかく自己中!

なのに・・・なぜか段々応援したくなる!

という不思議なキャラクター。

中途半端に相手のことを考えない、振り切ったキャラが良かったのと、”家族の絆”はきちんと持っていたことが大きなポイントかと思います。

(C)Universal Pictures

なぜ誕生日がループするのか?

ループの仕組みは『ハッピーデスデイ』で説明されず、

ハッピーデスデイ2U』で明らかになります。

主人公を殺そうとする犯人はロリですが、

ロリは時空を曲げたり、

ループさせたりと言う能力はありません。ただの復讐女です。

死んだら、誕生日の朝からもう一度人生がスタート。

死なずに翌日を迎えられれば、そのまま人生を生きられる。

この2択が本作の設定です。

これはホラーじゃない!実は泣けるヒューマンドラマ

本作は、ビッチな主人公の成長物語でもあります。

毛嫌いしていたルームメイトに優しく、

ファッションヴィーガンをやめ炭水化物を摂取、

温暖化に署名活動に参加、

倒れこむ男性に枕を差し出す、

そして・・・一夜限りだったはずのカーターと結ばれる恋物語

(C)Universal Pictures

そしてケンカしていた父親との和解。

2つのストーリーが一緒に進行してうまくまとまっているもの印象的です。

とことん優しい彼氏・カーター

劇中で結ばれることになるカーターですが、

ビッチが吠える・叫ぶ・喚く・殺される・誕生日を繰り返すと言い放ち暴れるなどなど、

(C)Universal Pictures

現実に現れたら速攻退散しそうなシチュエーションの中、非常に献身的に対応します。
少なくとも私は震えます。普通付き合わないですよ。

さらに、突然走りだしたり、

(自分が殺されかけているとはいえ)

殺人犯と自分に危害を加える相手にはナイフを振り回し、

モノで殴り、銃を構え、発砲。

このビッチやべぇです。

こんな女性とくっついてあげるなんてイケメンすぎです。

ハッピーデスデイ2Uへ向けた本作のおさらい

『ハッピーデスデイ』は『ハッピーデスデイ2U』と合わさることで、

とんでもないシナジーが生み出されます。

覚えておきましょう!

・犯人はロリであった

・ツリーはカーターと付き合うことになった

・ツリーは両親が好きで、特に母への想いは強い

・誕生日の朝、カーターの自宅で起きて「金髪の友人」が入室してくる

(C)Universal Pictures


この金髪の男の子がタイムループの謎を知るキーパーソンです。

まとめ

タイムループものはこれまでに様々な映画があって、

邦画なら『時をかける少女』

洋画なら『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などですが、

本作はホラー×タイムループということで設定はスゴく斬新で良いと感じます。

「何度でも人生を繰り返せる」とだらけてしまいそうですが、

死ぬ度に弱っていくのがまた設定としてうまい。


映画としてはB級ですが、

ハッピーデスデイ2U』と合わせて観ると、面白さ倍増

です!なので2にも期待です!
最後までご覧いただきありがとうございました!別のレビューもぜひ観て下さいね。

コメント

  1. […] B級映画 Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー […]

タイトルとURLをコピーしました