【ラブ・アゲイン】超面白いwwB級ラブコメの傑作!こんなハッピーすぎるラブコメあり?(笑)

スポンサーリンク
B級映画

どうもこんにちは!ミギーです。

今回は『ラブ・アゲイン』という映画を紹介します。

 

ライアン・ゴズリング×エマ・ストーンと言えば・・・

そう、『ラ・ラ・ランド』(だけ)じゃございません!!!

 

三角関係とかそんな次元じゃない入り組み方をするラブコメながら、

めちゃくちゃ大切なことを思い出させてくれる、

本作は隠れた名作です。

 

夫婦やカップルで、少しマンネリや倦怠期になっている、
片思いが通じなくて切ないって方に強くオススメ。
少々の悩みなんて笑い飛ばしていける映画です。

 

ストーリー

「離婚しよう。」

とある夫婦の離婚話からスタートする本作。

キャル・ウィーバー(スティーブ・カレル)は40代の中年男性。

保険関係の安定職と妻、3人の子どもに恵まれ、理想的な家庭を築いていると思っていたところ、突然妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)から同僚のデイヴィッド(ケヴィン・ベーコン)との浮気を告白され、離婚の危機が訪れます。

地元のバーで飲んでいたキャルは、毎晩違う女性をナンパしてはベッドを共にしているプレイボーイのジェイコブ・パーマー(ライアン・ゴズリング)と知り合います。

一方ナンパ師のジェイコブはハンナ(エマ・ストーン)という女性に一目惚れし、自身の持っている恋愛テクニックでハンナを落とそうと試みますが、うまくいきません。

二人を中心に織りなす人間関係はどんどんどんどん広がっていき、

やがてスゴイ修羅場を迎えることに・・・

 

こんな人にオススメ

ラブコメでとにかく笑い飛ばしたい

 

そんな方に最適です。(笑)

笑いながらも恋やら愛やらの大切な感じの部分が意外としっかりしていて、

見応えあります。

 

ラブコメの中でも間違いなく上位

率直に言って面白いです。

三角関係とか比じゃないくらい人間関係が入り組んでいる一方で

散らかすだけではなく、

きちんと回収してくれるあたりが気持ちいい。

かなり当たりと言っていい映画です。

 

しかし『ラブ・アゲイン』て。(m-floかよ←違う)

タイトルが安直すぎて若干残念です。

もっといい邦題があったはず。表紙もなんか違う。

もっといいデザインというか見せ方があったはず。

まぁ端的に言うと、とってもいい映画なのにちょっと残念(←語彙力のなさ笑)

本場だとこんな感じのポスターです(笑)

際立つライアン・ゴズリングの神イケメンっぷり

ナンパ師の役ですが、これが見事にみんなついていく(笑)

口説き方から連れ出し方までスマートなんです。

はい、イケメン

そして脱いだ時の肉体の美しさ。

「その筋肉フォトショップ?(で加工したの?)」

ってエマ・ストーンのセリフがバッチシ合ってる。

その美ボディをぜひ本編でご堪能下さい!

 

果てしなくエマ・ストーンが女神

本当に本当にきれいな女優さんですよね。

私はスパイダーマンの時から好きです。

引き込まれるような目が魅力的。

本作でも、スゴくイイ感じです!!

ため息でます。

ナンパのシーンがまじで勉強になる

思わず結婚指輪を外してバーに行きたくなる。

(いかないけど。笑)

そんな衝動まで起こしてくれるくらい、バーでの男女のシーンが多いです。

相手の話を中心に、誘う時は軽やかに。

ナンパはしなくても、初対面との人と打ち解けるための秘訣が盛りだくさん。

コミュニケーションの勉強にもなります。

観て損はないラブコメなので、

多くの方にオススメです!

ぜひぜひご覧くださいませ。

Amazonプライム・ビデオがオススメ!

 

 

 

感想をコメントかTwitterで教えて下さいね。

映画ブロガーのミギー(@bqmovie)さんはTwitterを利用しています

 

Filmarks(フィルマークス)もやってます。

ニックネーム:ミギーの左手

コメント

タイトルとURLをコピーしました