【マスカレード・ホテル】犯人はあの人!ネタバレあり感想。さんまさん出てるのはここ!結果面白いのかどうなのか?

スポンサーリンク
大衆映画

<監督・キャスト>

監督:鈴木雅之 『HERO』シリーズが有名。

なお、本作は初日から3日間の累計ですでに61万人を動員し、興行収入8億円に迫るヒットスタートを切っています(興行通信社調べ)

キャスト:主人公=新田に木村拓哉

教育係に任命されるホテルスタッフの山岸尚美として長澤まさみ

刑事役に小日向文世、泉澤祐希、渡部篤郎

ホテルスタッフ役に石川恋、鶴見辰吾、石橋凌、宿泊客にふんした濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、生瀬勝久、松たか子などなど豪華顔ぶれ。

さんまさんの話題が先行してそこまで目立っていないけど、

個人的には前田敦子と勝地涼くん(リアル夫婦)のくだりが地味に笑えた笑笑

付き合う前からキャスティングされていたらしく、偶然が生んだにしてはかなりミラクルな出来事だと思う。

<概要>

累計310万部突破の東野圭吾作品屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの 第一作「マスカレード・ホテル」が発売から7年の歳月を経て、待望の実写映画化!

連続殺人事件を解明する為にホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介を演じるのは木村拓哉。 検事、総理大臣、天才外科医など様々な職業を演じてきた木村拓哉が、満を持して初の刑事役に挑む。

そして、木村と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン・山岸尚美を演じるのは長澤まさみ。

更に、日本映画界に欠かすことのできない総勢20名の錚々たる豪華キャストが刑事、ホテルマン、 個性豊かな宿泊客として登場する!

次々と現れる素性の知れない宿泊客を、刑事として疑う新田と、ホテルマンとして信じる尚美。 立場も性格も正反対、まさに“水と油”の異色のバディが、ホテルという非日常の特殊な空間で 巻き起こる屈指の難事件に挑む!!

次々と現れる怪しげな宿泊客。ホテルに潜入する刑事たち。宿泊客を迎えるホテルマンたち。

誰が宿泊客で誰が犯人なのか!? 究極の騙し合いに、あなたもきっと騙される!

(公式サイトから引用)

<これから観る方への感想・ネタバレなし>

その仮面(マスカレード)を被った連続殺人犯を見破れるか?犯人はこのポスターの中にいます。

「マスカレードホテル」の画像検索結果
©2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会

何といっても見どころキムタク×長澤まさみの掛け合い!

徐々に信頼を深めあっていきながら→ラブになるのかそうでないのか?

ズボラな刑事にしては、スチール(写真)や映像ではもう目線や仕草まで一流のホテルマンになっちゃってる木村拓哉がいちいちカッコいいのは、別に本作に始まったことではありません。

長澤まさみ扮するホテルマンのプライドや仕事への向き合い方も、なんか学ぶものがあります。

東野圭吾ミステリーの王道である人間味ある犯人の動機、ホテルで繰り広げられる様々な展開、そして訪れる人々のストーリー、いろいろ絡み合って進んでいくスリリングさをぜひお楽しみください!

なお、原作、東野圭吾さんのコメントでは仕上がりに感動しているとのこと。

本作(マスカレード・ホテル)は映像化の話が来てもすぐにオファーを受けなかった。それは新参者などに次ぐ新たなシリーズにするために、キャラを確立させたくなかったから。しかし、東野さんがイメージしている原作主人公はまさに木村拓哉をイメージして描かれていて、主演キムタクという話に揺れに揺れ映像化を決断。

仕上がりを見て感動したと、公式サイトに書いてあります。

<ネタバレ感想>

マスカレード(仮面)を被った犯人は松たか子という。

老婆で出てくるところの伏線ね。

様々な客のストーリーの一つとして解決したように演出し、一度外したようにしておくことで意外性を持たせる手法と。

ストーリー構成は悪くないが、犯行動機が、ホテルマンに冷たくされて流産したってちょっと無理やり過ぎないか?(笑)、とクエスチョンマークでした。

そんなに大事な子供ならもっとやり方あったろうに。あそこまで機転が利いて、あたまもいいのに不器用すぎる。

気づく人は気づくが、気が付かないまま進むとあーなるほど。となるはず。

あと・・・

手紙の文鎮の伏線張りすぎじゃないか?(笑)

個人的には様々な客のストーリーが後からどんどん繋がって回収になれば面白いなと思ったけど、すべてはオムニバスになっていて、そこは少し残念。

あと地味にSNSで話題にもなっているが、キムタクと長澤まさみの身長同じじゃないか?

(しかし、ポスターではキムタクの方が背が高いように見える)

これは監督が役者の”目線”でカメラワークを回すことが原因ではないかと。明らかに並列で歩くシーンあそこくらいだもんね。

私は身長なんて気にしないけど、やっぱり気になるんだな。モデルさんでもあるからか?(←偏見)小日向文世さん演じる能勢は最後までいい感じなんだけど、アウトレイジくらいからかな?ちょっと癖ある警官役みたいなのが多くて、最後まで怪しいと思ってしまった(笑)

結論としては娯楽映画として普通に楽しめる作品。

可もなく不可もなく。

さんまさんは、どこいた?

最後のエンドロールでビックリしたんだけど、さんまさんどこにいたんだろう?

見つけたいけどわざわざもう一回行くほどではない笑

ので、ネットで検索したらエンドロールに出てた(笑)

「マスカレードホテル さんま」の画像検索結果
©2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会
後ろのハットをかぶった人らしい(わかるかよ!!w)

映画館発見できなかったのが悔やまれます。

撮影場所は?

ホテルもキレイでどこのホテルなんだろうかと、これもエンドロールみたら

『ロイヤルパークホテル東京』と意外に都内だった。

「マスカレードホテル ロイヤルパークホテル東京」の画像検索結果
ロイヤルパークホテル

今度お茶くらいしに行ってみたい。

いろいろストーリーはあったけど、菜々緒と宇梶剛士の夫婦は地味に笑った(笑)

マスカレードホテルはAmazonプライムビデオで見放題です。
月額500円見放題なので、ぜひ活用して観て下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました!また違うレビューも観て下さいね。

コメント

  1. […] すでに世界に出しても恥ずかしくない良い作品はあると思います。世界で通じる作品が。日本人の多くが、その映画に触れることなく生活してしまっているだけ。というのがミギーの考えです。  日本での興行収入はアニメ(コナンやポケモン、ドラえもん、ワンピースなど)がメインで、2019年のNo.1興行収入は『天気の子』でした。実写映画では『キングダム』、『翔んで埼玉』、『マスカレード・ホテル』、『コンフィデンスマンJP』、『劇場版おっさんずラブ』が上位となっておりこれで世界へ・・・というのは心もとないように感じます。今一度、映画を多くの人が触れる機会をつくり、良作を生み出し外へ出していく機運が必要ではないかと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました