【キャロル】ネタバレなしの感想!あまりにも美しい二人にうっとり。LGBTQ映画の中でもとても切ない大人のラブストーリー

スポンサーリンク
LGBTQ(マイノリティ)

どうもこんにちは!ミギーです。

今回は『キャロル』という映画を紹介します。

 

私、もうこちらはですね、

映画館で観て号泣しました。

こんな美しい映画があるのかと。

非常に上品な、大人のラブストーリーです。

 

ケイト・ブランシェット×ルーニー・マーラ、最強です。
二人の視線や仕草、掛け合いでこんなにも切ない気持ちになるのかという、
素晴らしい作品になっております。

 

ストーリー

舞台は1952年のニューヨーク。

テレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしていました。

テレーズにはリチャードという恋人がいるものの結婚には踏み切れないでいます。

ある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しにきたキャロル(ケイト・ブランシェット)と出会います。タイトルのキャロルはこの女性の名前です。

テレーズはキャロルのことを好きになります。生まれて初めて本物の「恋」。

送り先伝票からキャロルの住所を知ったテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書くとキャロルからすぐに電話がきます。

そして二人は会うようになり、仲を深めていくのですが、

キャロルは人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中。

娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知ります。

孤独だったキャロルと、婚約者からのプレッシャーに悩むテレーズは、

愛の逃避行に出発するのですが、この旅をきっかけに二人の運命が変わることになります。

 

本作で描かれているもの

愛の物語なのですが、とても切ない。

ただくっつく、別れるというような単純な恋愛ではなく、

キャロルとテレーズ、それぞれの思いと環境の中で、
二人が交錯して生まれる愛や葛藤や怒り、
やるせなさや優しさを感じることで、
自然と切なくなってくる、大人の映画になっております。

 

LGBTQ映画をみて思うこと

聞いたことのない方のために簡単に解説しますと、

LGBTとは、

L(レズビアン)…性自認が女性の同性愛者

G(ゲイ)…性自認が男性の同性愛者

B(バイセクシュアル)…男性・女性の両方を愛することができる人

T(トランスジェンダー)…主に身体的な性別と性自認が一致しない人

 

上記の分類をされています。

しかし、異性を好きになる以外の選択肢は上記4つのどれかだ。

という風潮が高まったことで、

 

Q(クエスチョニング)…自分の性別がわからない・意図的に決めていない・決まっていない人

I(インターセックス)…生まれつき男女両方の身体的特徴を持つ人

A(アセクシュアル)…誰に対しても恋愛感情や性的欲求を抱かない人

 

というようなキーワードも生まれてきました。

ミギーの映画ブログではQまでを入れた表現にしています。

 

少し前まではマイノリティ映画くらいの分類だったはずなのですが、

近年多様な性を認めようという流れからか、

LTGTQ系と呼ばれる映画もだいぶ増えたように思います。

 

私はゲイの友人などもいますが、

普通に結婚して女性が好きな私からすると同性愛というのは「そうゆう世界があるんだ」くらいの思いです。

ただ、そういった映画に触れる機会も多く、

そういった映画を観て思うことは一つだけです。

 

どのような性であろうと、その人自身は真剣であるということ。
本気で人を好きになるし、振られたり受け入れられなければつらい。
普通の恋愛と同じです。
そのこと自体を笑ったり批判したりという権利は誰にもないはずで、
そうゆう風潮があるのは悲しい。

新宿2丁目のバーにも何度か行ったことありますが、

異様な世界というものではなく、普通の飲み屋でおねぇと呼ばれる面白い人がちょっと普通のバーより多いくらいのものです。

 

映画でも普通に感動するし、切なくなったり、悲しくなったりもする。

映画を通じて、もっと多様な考え方や性が広がればいいなと割と本気で思っています。

 

感想総括

なんでアカデミー賞獲れなかったんだろう?と純粋に思った作品です。

静かだけど熱い。

セリフはシンプルなのに含まれる意味は深く、複雑。

というシーンが多く個人的には好き。

ルーニー・マーラがヤバいです。

瞳も身体も仕草も美しすぎる。

 

あえて比較するなら、

『アデル、ブルーは熱い色』

でしょうか。

 

アデルが徐々に強く燃え上がる炎だとするならば、

本作は、

風に揺らぎながらも決して消えない灯火。

のような印象です。

二人の結末を、ぜひ本編で観て下さい!

 

DVD

Amazon | キャロル [DVD] | 映画
ケイト・ブランシェット, ルーニー・マーラ, カイル・チャンドラー, トッド・ヘインズ 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

 

Blu-ray

Amazon.co.jp | キャロル [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - ケイト・ブランシェット, ルーニー・マーラ, カイル・チャンドラー, トッド・ヘインズ
Amazon.co.jp | キャロル DVD・ブルーレイ - ケイト・ブランシェット, ルーニー・マーラ, カイル・チャンドラー, トッド・ヘインズ

 

Amazonプライムで観るなら

Amazon.co.jp: キャロル(字幕版)を観る | Prime Video
1952年、ニューヨーク。高級百貨店でアルバイトをするテレーズは、クリスマスで賑わう売り場で、そのひとを見た。鮮やかな金髪、艶めいた赤い唇、真っ白な肌。ゆったりした毛皮のコート。そのひともすぐにテレーズを見た。彼女の名はキャロル。このうえなく美しいそのひとにテレーズは憧れた。しかし、美しさに隠されたキャロルの本当の姿と...

 

ぜひ感想をコメントかTwitterで教えて下さいね。

映画ブロガーのミギー(@bqmovie)さんはTwitterを利用しています

 

Filmarks(フィルマークス)もやってます。

ニックネーム:ミギーの左手

コメント

タイトルとURLをコピーしました