【一礼して、キス】超酷評だらけのB級映画だが、池田エライザファンには悶絶の傑作ということで間違いなし!

B級映画

どうもこんにちは!ミギーです。

今回は『一礼して、キス』の紹介です。

私、『賭ケグルイ』を観てから急に池田エライザが気になって、気になって・・・

酷評と知りながら敢えて本作をがっつり見てみました。

ぜひ、熱く紹介させて下さい。

『賭ケグルイ』レビュー

【賭ケグルイ】浜辺美波が最高!コメンタリー付きでもう一回観に行く?どうだろう
どうもこんにちは!ミギーです。 今回は『賭ケグルイ』を観てきました! 日本の将来を担うであろう若手俳優が多数出演している本作、 ぜひ紹介させて下さい。 超簡潔あらすじ 一行でいうと、 ギャンブル公認学校で...

 

ストーリー

中学からの6年間を弓道に捧げてきた、岸本杏(池田エライザ)。

結局、満足のいく結果も出せないまま、高三の夏の大会が終わり引退しようとしたところ、

次期部長で後輩の三神曜太(中尾暢樹)に引き止められて弓道を続けることに。

「俺、先輩の事ずっと見てましたよ…。」なんて言いながら急に近づいてきて、

そこから雪崩のように愛が止まりません。

困惑しながらも、受け止める杏。ライバルも参戦してきてさあどうなる?!

って感じのよくありがちな学園ラブストーリー。

原作は累計100万部を突破。

 

ネタバレしまくりの感想

 

恋のスタート

杏は夏休みの大会が終わり引退を決意したものの、

三神に秋の大会に出るよう促すが断ります。

したらば、「それなら自主練に付き合ってください」と頼まれお願いを受け入れますが、

その後三神が勝手に秋大会に杏を出場させてしまいます。

 

受験を控え、引退を決意したにも関わらず勝手に登録をされた杏は、

「私をこれ以上振り回さないで」と怒ります。

すると三神は、

「全然振り回せてないじゃないですか!むしろ俺のほうがずっと振り回されているんだ」

と言い、杏に突然のキス。

今まで自分が杏の引退を引き止めるために努力してきたことを告白。

「なんでそんなことを」という杏に三神は

「あんたが好きだからだよ、わかれよ」と怒ります。

(そこ怒るところちゃうやろ・・・)

 

三神「大会に出てくれないと、このまま何するかわかりませんよ」@弓道部室

杏「わかったよ、出るよ」

(ええっ??!!でるの?!)

 

とこんな感じで序盤に突入します。

 

何かと歯切れの悪いふたり

突然ですが、普通好きな先輩から告白されたらどうします?

めちゃくちゃ嬉しいじゃないですか。

 

しかし本作は・・・

先輩女子の杏が勇気を絞って告白するんですよ。

女性の方から告白させるんですね。

 

先輩女子「あなたのこと、好きです」

後輩男子「俺の事が好きなんですか?」(たったいま、そういったじゃん!!)

先輩女子「好き」

後輩男子「嬉しいです、ありがとうございます。その好きって彼女になりたい好きですか?」

(その質問いる?!ウザいよ!)

先輩女子「あなたの彼女になりたい」

後輩男子「どうしよう、帰したくない」(俺も彼氏になりたいとかそうゆうこと言わないの?!)

そしてその後部屋に呼びつけておいて、

後輩男子「僕みたいな男の家、付いてきちゃだめですよ」

 

えええええ!!!!

そのセリフいりますのん?本当にいりますのん??

 

というツッコミどころ満載の、なんとも歯切れの悪い感じが延々と続きます。

(だから酷評なのか・・・)

 

とにかく池田エライザが神ってる可愛さ

池田エライザがまじで超かわいい。ここに付きます。

端正な顔立ちに、潤んだ瞳。

少し擦れた声に、抜群のスタイル。

好みは分かれそうですが、私は好きな方。

 

本作の絶好の褒めポイントは先述したKYで思考回路がどうかしている後輩ちゃんに、

とにかく一途に愛を向ける彼女の仕草やセリフです。

 

弓道姿も制服姿も似合うし、私服もめっさオサレ。

池田エライザファンにとっては悶絶のシーンが盛りだくさんです。

恋している女性のなんともこう、いい感じの表情がたくさん撮られています。

 

ダブル主演の中尾暢樹くん

親からちゃんとした愛情を受けずに育ってきた高校生を演じる中で、

たしかに重いというより、歪んだ愛の表現が多くて、

エライザがとにかく健気で可哀そうにも思えてくるほどのKYっぷりを見せつけなければならない台本は若干つらいまであると思う。

正直この役で好感を持たれながら、終わるのはかなり難しいはず。

 

後輩男子の歪んだ愛情表現にゾクゾクが止まらない

彼のまっすぐ見つめる瞳がなんだか怖くて、

セリフにだんだんゾクゾクしてきます。(戦慄という意味

とにかく重く歪んだ愛情を、大きな器で受け止めるエライザという構図のため、

その“歪み”を感じずにはいられない作品です。

 

最後は「一礼してキス」@試合会場

私、弓道のことは良く知りませんが、

部室でみだらな行為、ましてや試合会場で濃厚なキスとは、

果たして許されるのでしょうか。

もうなんともけしからん展開が待ち受けておりまして、

ここを敢えて楽しみに物語を観ていくこともオススメです。

 

結局、結ばれるのか?

安心して下さい。予定調和でございます。

 

ぜひ感想をコメントかTwitterで教えて下さいね!

Twitter / ?

フィルマークスもやってます。

ニックネーム:ミギーの左手

 

DVD

Amazon | 一礼して、キス(初回限定生産/ポストカード付) [DVD] | 映画
池田エライザ, 中尾暢樹, 松尾太陽, 鈴木勝大, 前山剛久, 萩原みのり, 結木滉星, 佐藤友祐, 古澤 健 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました