【ミスト】衝撃のラスト!とはこのこと。ミギー的報われない超バッドエンド作品第2位

スポンサーリンク
未分類

<監督・キャスト>

監督:フランク・ダラボン

原作:スティーブン・キング

 

<解説>

「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」でスティーブン・キングの世界を見事に映画化したフランク・ダラボン監督が、映像化不可能と言われていたキングの傑作中篇「霧」に挑んだ意欲作。

激しい嵐が過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが取れなくなってしまう。

やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめ……。

原作とは異なる衝撃のラストが全米公開時に大きな話題を呼んだ。

(映画.comより引用)

 

<これから観る方への感想・ネタバレなし>

「トラウマ映画」、「後味の悪い映画」、「バッドエンド」、など検索すると、

ほぼヒットする作品、それが映画『ミスト』です。

 

ミストって何かというと劇中に出てくる霧のことですが、

はじめはアメリカの平和な家庭が映し出されて、スーパーマーケットに出かけます。

 

本当の物語はここから。

ミスト(霧)の中からバケモノがうじゃうじゃ出てきて、人間に襲い掛かります。

周囲はパニックになりながらも、生きる道はどこか必至に探し始めます。

主人公も生きる道を探し始めて、とある決断をします。

そして物語はラストへ。

そこにはもうバットエンドというか、報われない結末が待っております。

 

家族や恋人と観る?鑑賞後の空気が重くなること間違いなしです。

「報われない他人を観て、自分の境遇など大したことないと思いたい」

「とにかくバッドエンド作品が観たい」

「自分はいま精神状況的に安定しているから、何を観ても大丈夫」

そういった方にオススメです。

 

バットエンドという意味ではある意味名作というか、最高峰の作品になると思います。

自分が主人公になってしまったら・・・うつ病になります。ホントに。

心に少し準備をして、ご鑑賞下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ネタバレ感想>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この後下にはネタバレ感想注意※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなラストありますか?

信じられない&考えられない。

行き場のない「むううううううううううううううううううううう」って感じが、

なんとも良い後味の悪さを引き立てています。

主人公に感情移入すればするほど重症になること間違いなし。

 

物語の結末がヒドすぎる。

ラストへの導線がとても良くて、バケモノ(クリーチャー)の造形もミストに隠しながら、ちょいちょい見せたり、いろんな角度から出し引きして見せることで、おぞましさを増幅させているうえ、

逃げ惑う人々の極限状態に追い詰められた行動なんかがこう、うまーく展開されています。

そうゆう意味だといい映画ですね。実に見事です。(ただ、ラストがヒドい…)

 

劇中に比較的長めの尺(時間)を取った、スーパー内部での描写で、

「出て行こう!」とか、

「いや、ここにいるべきだ!」とか、

異常な事態に直面した”醜い言い争い”に発展し、

どっからでてきたのか、

「神の裁きが下された!」

なんて言い始める変なおば様まで登場し宗教というかスピリチュアルを語り始めます。

そしてなぜか、精神的に追い詰められた人々が耳を傾け始めるという。

人間って不安になると宗教に走る理由がなんとなくわかりました。

ちなみにこのオバサンが撃ち殺された瞬間、ちょっとすっきりしました(笑)

 

ラストのネタバレで、

追い詰められた主人公のデヴィッドたちは、スーパーからの脱出を決意

→命からがらデヴィッドと息子を含め5人が車へ

→デヴィッドの家へ向かうも、奥さんはすでに死亡。

→さまよっているうちに車はガス欠

→救援の道を断たれて、クリーチャーの鳴き声がコダマする・・・

→拳銃には弾が4発。車に5人。

→息子を含めた仲間4人を射殺。

→車を飛び出し、化け物に喰い殺されようと大声で叫び続けるが、

→霧が晴れ、救援の戦車が登場

→主人公デヴィッドは最愛の息子を自分で射殺し、自分自身が生きのこる

 

もう耐えられないです。

・軍隊がもう少し早く来てれば

・スーパーに残り、脱出行動を取らなければ

・自殺をあと少しだけ思い留めていれば

後は自分がクリーチャーに襲われて死ぬだけという状況で、

目の前に現れたのはなんと「救出部隊」という圧倒的絶望なオチ。

 

気分が落ち込むわ!!(笑)

しかも劇中に息子がデヴィッドに対し、「僕を化け物に殺させないで」と語りかけるシーンがあり、こちらが「化け物から守って」→じゃなくて、「化け物ではなく、デヴィッド自身の手で殺させる」という伏線に感じられ、まぁよくできてます。

 

フランク・ダラボン監督は映画版でオリジナルのラストを思い付き、

スティーヴン・キングに相談したところ、「素晴らしい!」と絶賛したそう。

監督いわく、この結末は「どんなに絶望的な状況になっても最後まで希望を捨てるな」という前向きなメッセージなのだとか。

 

うーーーーん。それって例えば、

 

若くして末期がんになり、

モルヒネも効かず、

苦しみの果てに安楽死を選んだ直後に、

特効薬が開発された!!

みたいなこともあるから、1秒でも生きる希望を失うな。みたいなことですよ。

 

あの状況でそれはない(笑)

 

しかも、この作品の上手なところは、普通エイリアン系というか、

地球外生命体が攻めてきたときって、

軍隊とか歯が立たなかったり、駆除に相当な時間をかけたり、とても困難なミッションをクリアしたりするものが多いので、

『そんな簡単にバケモノは駆除できないでしょ』

と思わせているところがあのオチの納得感を生んでいるように思います。

 

ラストに「えっ、軍隊来ちゃったよ」・・・と思いましたもん。私も。

映画『ミスト』、バッドエンドですが本当によくできた映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました