【母なる証明】破壊力あるシーン満載。戦慄のラストに向かって走れ!韓国の鳥肌B級映画

スポンサーリンク
B級映画

どうもこんにちは!ミギーです。

今回は『母なる証明』、韓国映画の紹介です。

こちらですね・・・もうなんと説明すれば良いのか。

破壊力抜群のシーンの数々を楽しむしかない映画です。

ぜひ、紹介をご覧ください。

ネタバレ含む感想・考察

知的障害のある息子・トジュン(ウォンビン)は、

ある日、ナンパしようとした少女(チョン・ミソン)に逃げられてしまいました。

その翌日、少女は死体となって発見され、トジュンは殺人容疑で逮捕。

「息子が殺人など犯すはずがない」と信じる母親(キム・ヘジャ)は、

警察や弁護士に追いすがるものの、その努力は無駄だと悟り、

自らの手で事件を解決しようと奔走・・・いや暴走する。というもの。

母親の愛、がむきだしです

不器用で、なんでそうなる?!と突っ込まずにはいられない息子思いの母親。

何と言っても母親役のキム・ヘジャが凄い

「【母なる証明】」の画像検索結果

とにかく怖くて見ていられない。

最初はただのモンスターペアレントかと思っていたものの、

あまりにも純粋で健気な行動に、だんだんなぜか応援したくなってくるという不思議。

そんな応援する鑑賞者を見事に裏切ってくる母親を怪演してます。

なんでしょう・・・“目”でしょうか。

本気の“目線”のそれは鬼気迫る凄みと、狂っていることを感じさせないまっすぐさがありました。

韓国では大女優ということですが、超納得です。

暗く、残酷で汚い映画

褒めてます(笑)

もう直視できないほどの母親の行動がある意味まぶしく、

色々と目をそらしたくなる感じです。

ストーリーも登場人物も嫌悪感を抱くものばかりである一方、

伏線の貼り方が見事。

後からネタバレしていく展開なのですが、

「ええっ?!て、ことはあのシーンも!」みたいな箇所がいくつかでてきます。

本来であれば2回観るとおそらく伏線回収できるのでしょうが、

あまりに胸くそが悪くて2度目を観る気になれないというB級映画。(褒めてます)

それくらい、「人のいや~な部分」がてんこ盛りな作品で、

胸にヘドロを掛けられたような、

変にまとわりつく嫌悪感に数日引っ張られること間違いなしです。

『ダンサーインザダーク』、『ミスト』系の映画が観たいという方に強くオススメです。

最後、息子から母に手渡されるあるモノ、

そのあるモノを渡す息子のピュアで突き刺されるような目線、

それを受けての母の衝撃(?)のラストをどうぞお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました