ブログ100記事達成!収支は?PV数は?見るがイイ。これが映画ブロガーのやり方だ!!!

ミギーの雑記

はいどうもこんにちはミギーです!
3月下旬から約半年間をかけ100記事に到達!!!

ミギー
ミギー

いやぁ、やりました!嬉しいです。


現場からは以上です!
ありがとうございました!!

・・・

・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・

おっと、まだ読んでいただけますか?
ありがたい。涙
それでは、100記事書いた私のブログの顛末をレポートします!

100記事目作成時の収支

まず気になるところは儲けですよね。
映画ブログで稼ぎたいと思って始めた、ミギーの映画ブログ。
私も書き始めは100記事あればガンガン稼げると思ってスタートしました。

「お金持ち イメージ」の画像検索結果
始める時はもうこんなイメージです

それでは収支をご覧下さい。

‐40,000円

絶賛赤字→出血中です。

運用7ヶ月目でアドセンス収益は1,000円未満、アフィリエイトは100円未満という結果に。

対して掛けたコストを見てみましょう。

サーバー代
・Twitterアイコン作成代
・ブログヘッダー代
・コワーキングスペース利用代
・イベント参加費

などなど、ブログまわりの出費は占めて4万円以上は投資済み。

でも100記事書いた理由

「好きだから」以外ないです。

幸いなことに、私映画が好きなだけではなくて、
『書くこと』も嫌いじゃなかったのが功を奏しました。
後は結構正直な話、ABCスペース行かなかったら辞めてたと思います。本当に。
どうゆうことかお話します。

ABCスペースでクロネさんにバッサリ斬られた事件

7月6日に、『 クロネのブログ講座 』というのがABCスペースでありました。

「クロネブログ」の画像検索結果
同日に参加された「作業療法士ブロガーてむたむ」さんの
【ブログ初心者の悩み解決】クロネさんのブログ勉強会に参加して見えた今やること から、
旦那様と作られたアイキャッチをお借りしました!
こんなアイキャッチほしいなと思われたら→ 「ネフローゼ妻 夫と一緒に家を建てる」(引用元) へ!

例によってちょっと行ってみよっかなくらいの軽いノリでいったが最期。

ミギー
ミギー

どうやって映画ブログで月7ケタも稼げるのか
わからないから教えて下さい !

クロネさん
クロネさん

(相当努力しないと)
無理ですよ

グハァ・・・!(吐血)

「またつまらぬものを」の画像検索結果
ルパン三世より引用

※無理ですよ詳細※
クロネさん
「この手の質問(今やってるブログが稼げない)、山のように受けるんですよね。」
(ぺらっ、ぺらっと紙をめくる音)
「ほかにも同じ質問の方多いですね。えーっと・・・」
「目的、見失ってません?“稼ぎたい”なら稼ぐための努力が必要なのですが、
というかブログじゃなくてぶっちゃけアフィリエイトサイト作った方が早いです。
“好きなこと書いたあとに”マネタイズって難しい(というか相当の努力が必要)ですよ」
という内容

その日はクロネさんの隣になかじさんもいらっしゃいました。

なかじさん
なかじさん

「ブロガーさんは書きたいことを書いてから、
マネタイズを考えるから難しいよね」

ズシン・・・(ご指摘の通りすぎる・・・)

そしてこの時悟りました。

「好きなことで稼ぐ」とは
〇好きなことで稼ぐことが出来る
(からよーく考えよう・間違ってない方向で努力しよう)
×好きなことしてれば稼げる

私は、都合よく後者で解釈していました。
この時すでに40記事くらいは書いてたはずです。
その後「なんで100記事書くのか」見失って
2週間ほどブログ熱が冷めました(わかりやすく笑)
でも「なんで100記事書くのか」原点に返ると、
そもそも好きだったっていうことを思い出し復活。

ここで、クロネさんのある日のツイートをどうぞ

クロネさん
クロネさん

「誰でも稼げます」と「誰でも始められます」は別
というのは後世に残したい言葉

今ならそのおっしゃられてる意味、よくわかります・・・

ブログで稼ぐためにやるべきことはみんな知ってた事件

ABCスペースに行って面白かったのが、
最後の一言はみんな同じ事言う
ってところでした。

映画ブログで稼ぎたいのですがと相談して一言目は、

ABCのバイトSさん=有名になるかして企業案件取らないとですね

ABCのバイトAさん=最新作をすぐレビューとかしてPV取りましょう

クロネさん=まとまった収入にするなら、映画制作会社とかから依頼取れるようにしたいですね

ヒトデさん=特集やまとめサイトとかを生産して、人が集まるページを作っていきなよ

なかじさん=映画かぁ~正直難しいとは思うよ

そして、皆さん最終的に言うことは一つ

継続して書き続けるしかない

という至極シンプルなものでした。

そこから、ABCで誰に会ってもブログに対する質問はなくなりました。
やることがわかっているので。
エディターやツール、プラグインを教えてもらう、解析の見方など細かな質問が出てきましたが、
根本的にやることは変わりません。

さてここでキングカズの名著をどうぞ。

「やめないよ」の画像検索結果
はい、私もやめません

踊り続けるバカでいよう

昔から好きな寓話があります。

あるアフリカの部族が雨乞いの踊りを踊ると必ず雨が降ります。
それはなぜでしょうか?


正解は、雨が降るまで踊り続けるから。

そう、踊り続ければいいのですね。
天気とGoogleはなんとなく似ていて、
いつか雨が降ることはわかっているし、
先に行った人が恵みの雨が降ると全員言っています。

いかに踊りをやめないということが重要か。
ABCにいってよく理解できました。

ぜひ、合わせて読んで読んでください!

100記事書くなんてもう古い?

クロネさんをはじめみんなが言ってました。
「人と同じことしても稼げないよ」
みんな100記事、目指してますよね。(通過しますよね)
『クロネのブログ講座』も100記事目指したロードマップがあり、
多くの方が利用しているのを毎日のように目撃します。

そう、つまり・・・
もう100記事じゃ足りないってことですよね。
だって、人と同じことしてるのですもの。

ここである日のクロネさんのツイートをご覧いただきたい。

クロネさん
クロネさん

100記事書くことを「作業」だと思ってる人は稼げない。
ただ「時間」を使っただけ。
100記事書くときにとことん「頭」を使ったか?

使ってなかったです・・・(40記事目くらいまでは特に)

頭を使ってブログ構築したい方は
クロネのブログ講座へ迷わずGO!

更にもう一つクロネさんのツイートをご覧いただきたい。

 クロネさん
クロネさん

本気で稼ぎたいなら稼げるジャンルで
1000記事をしっかり仮説検証しながら試行錯誤して書いたら
稼げない方がおかしいと思うんだけど、
そんなこと言っても誰もやらないじゃん。
もっと楽してできないかとか効率とか求めるから

圧倒的に作業量というか「経験値」が足らない。
まあ1,000記事もいらんけど。

ズシン・・・

有名映画ブロガーさんから言われた忘れられない一言

モンキーさんという映画ブロガーさんがいます。
Twitterで『有名なブロガーさんにリプしたりメンションしてPV数を稼ぐんだ!』
みたいなアドバイスをブログスタートして間もないころにもらったので、
どんな映画でもだいたい検索したら出てくるモンキーさんに、
ある日リプすると意外な返信をいただきました。

「長く続けて下さいね」

普通に考えて、長く続けて私が上位に表示されると消えるのはモンキーさんの方です。
不思議だなと思いながらやり取りしていると、

『映画ブログは途中でやめる(というかフェードアウト)する人がとても多い』

のだとか。

理由はすでに察しているのですが、
まず映画ブログ稼ぎにくいです。実体験として。
あと、地味な映画になるほどPV数あまり伸びません。
でも記事作成には時間と労力がかかります。
そもそも2時間くらいの映画観るところからスタート
なのでいきなりパソコンに向かえません。
それでいて参入障壁が低く、ライバル多めです。

モチベーション削がれることばかり!!

だからペースを変えました

ブログ書いてたら勝手に収益がうまれて月10万円くらい稼げているだろうという、
脳内お花畑広がっちゃってるミギーの頭はカチ割れまして、
ただただ読んだ人が「ちょっと面白いな」と思えるくらいの文章を意識して書くようにしました。

PV数について

100記事書いてなんと・・・3,000PVいってません。(笑)
一番読まれた記事は雑記で300PVほど。
100記事時点でのブログ構成は、
映画ブログが8割、雑記が2割くらいです。
うち、PV数TOP5のうち4記事が雑記です。
(ここでも映画ブログの難しさを感じるところ。)

というわけで101記事目を始めよう

正直一人ではこんなに続けられませんでした。
私のメンターブロガーメカニックさんや、
ABCスペースで知り合った多くの皆さん、
Twitterで知り合った皆さんのおかげと言って過言ありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ミギーの映画ブログは101記事目を書いていきます。
ブログコンセプトは、『ちょっと面白い映画に出会えるブログ』です。
また気楽に上げていきます。
次は200記事目を目指してがんばりまーす!

それでは最後にキングカズの名著をどうぞ

「とまらない 三浦」の画像検索結果
いいタイトルだな・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました