【女子―ズ】女子ってそうゆうもの?女性への謎が深まるばかりのB級映画

スポンサーリンク
B級映画

どうもこんにちは!ミギーです。

今回は『女子―ズ』を紹介します。

笑える人にはクスリと笑える、

笑えない人にはとことんつまらない映画になる

諸刃の剣的B級コメディでございます。

福田雄一監督ワールド×豪華若手女優との絶妙なブレンドを楽しむ映画になっております。

ぜひ簡潔に(←)紹介させて下さい。

 

ストーリー

世界征服を企み、地球に襲いくる邪悪な怪人を倒すため、“名字に色が入っている”という超くだらない理由から司令官チャールズ(佐藤二朗)の元に集められた5人の女の子。

不本意ながら女子ーズとなった彼女たちは、怒涛の展開に疑問を感じながらも、5人が揃ったときに繰り出す無敵の必殺技「女子トルネード」を武器に怪人との戦いに挑む!

しかし、恋に仕事に、美容にヤボ用と、なにかと多忙な女子たちはなかなか揃わない。

次々と現れる怪人たちを倒し、片手間で世界の平和を守ることができるのか!?

という、美女だけ集めた戦隊モノをコメディの巨匠(←勝手に)福田雄一によって脚本・監督されたB級映画です。2014年公開。

 

今や主演級の若手女優たちの豪華共演

過剰にマジメなレッド=赤木直子(桐谷美玲)

ギャルなブルー=青田美佳(藤井美菜)

とっても貧乏なイエロー=黄川田ゆり(高畑充希)

夢見る劇団員グリーン=緑山かのこ(有村架純)

お嬢なネイビー=紺野すみれ(山本美月)

と今や主演映画もたくさんある女性陣を豪華に使っています。

これだけのメンツが集まったのは奇跡的だと思う(まじで)

 

正直、めちゃくちゃつまらないです。(個人の感想です)

 

でも・・・嫌いじゃない(笑)

こんなよくできたなと感心してしまうほどのB級映画。

際立ったのは有村架純。森の樹Bが秀逸です。

桐谷美玲は安定の可愛さ。

可愛さですべてが許される。(気がする。笑)

 

 

佐藤二朗がやってしまっている(笑)

福田雄一監督作品の御用達役者の一人佐藤二朗さん。

クセのある話し方と表情で常に印象深いキャラを演じることが多く、

本作は司令官チャールズという立場から女子5人に指令をだしていくのですが・・・

とにかく話がなげーよっていう(笑)

絶対アドリブとしか思えないシーンが満載で、

そうゆう(アドリブ前提の)台本ではないかと思うくらい、

一人でしゃべってます。

私は・・・嫌いじゃないけどおそらく尺的には我慢の限界を超えているはず。

 

女子は揃わない。なぜなら女子とは“そうゆうもの”だからである。

主役のレッドが仕事を優先して怪獣を倒しにいかないシーンがあります。

同様に各メンバーマイペースに仕事や恋愛などを優先して全然ヒーローものなのに、全員揃わない。

そこに面白さやくだらなさを見出す・・・はずが、超ダレまくってます(笑)

それがつまらなさであり、本作の魅力。

ふむ、なるほど、女性とは深い生き物なんだなと、コメディながら勉強させていただきました。

 

各メンバーいいところを

ブルーの藤井美菜は漫画喫茶で『20世紀少年』を読んでるシーンが好き。

漫画ならいつでも読めるから怪獣を倒しにいこうというレッドに対し、

「ともだちの正体がもう少しでわかるから」と言って読み続ける。

それに対して、

「今すぐ怪獣を倒しにいかなければこの場でともだちの正体をバラす」と脅してしぶしぶ連れて行く(拉致られていく)。

こんなヒーローいないよ(笑)

 

冒頭にも触れましたが、有村架純演じるグリーンは劇団員。

しかし役柄は森の木Bなどのわき役。

あの主演作品を数多く抱える有村架純が・・・森の木Bという無駄遣い!

ちょっと面白かったです。

 

イエローの高畑充希は、レッドが仕事優先で怪獣を倒しにこなかった時に、

自宅に押し掛けて問い詰めるシーンがあるのですが・・・

レッドを軽蔑する目線がなんともGOOD。

これはぜひ映像で観ていただきたい。

 

パープルは男選びの目が悪く、恋愛に翻弄されるのですが、

山本美月の恋する女子姿はやっぱり普通に可愛い。

そのまま1本ラブストーリーで撮ってしまっていいくらいでした。

 

あとまぁ全体的に言えることが一つ

全員コメディ慣れしてない(笑)

からそのあどけなさがいい!

 

結局怪獣を倒すことができるのか!?

ラスボスは女子―ズが全員集合して繰り出す必殺技「女子トルネード」でしか倒すことができません。

責任感の強いレッドは女子―ズ結成からすべての怪獣討伐に参加していたのに、

ある日、仕事の重要なプレゼンで欠席したところ、

その時にレッド以外の全員がなぜか揃うというタイミングの悪い出来事が。

仕事を優先したことを怒った4人はバラバラになり、

その後はレッド一人でラスボスに臨むことになりますが、

当然倒すことが出来ません。

絶体絶命の中で、4人を連れ戻しにいくレッド、桐谷美玲の奮闘が面白いです。

ぜひ実際の映像でご覧ください!

 

観る人、選びますのでその点ご注意を!

(万人受けする作品ではないという意味です)

 

ぜひ感想をコメントかTwitterで教えて下さいね!

フィルマークスもやってます。

ニックネーム:ミギーの左手

 

DVD

Amazon | 「女子ーズ」DVD 片手間版 | 映画
桐谷美玲, 藤井美菜, 高畑充希, 有村架純, 山本美月, 佐藤二朗, 福田雄一 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました